2020年10月26日

ウェブ制作をマスターしたい!それなら勉強方法はこれです!

勉強を始める前の準備

ウェブサイトは見ない日がないくらい、日常的なものとなっています。見栄えの良いサイトや使い勝手の良いサイトを見ていると、自分でもウェブ制作をしてみたいと思う方もいるのではないでしょうか。しかし、何から始めれば良いか、頭を抱えてしまう方も少なくないでしょう。ウェブ制作の勉強では、実際に動作を確認しながら勉強を進めていくのが効率的です。まずは、前準備としてパソコンを用意する必要があります。ウェブ制作には、プログラミングに必要なテキストエディタやウェブ表示のためのブラウザも必要となります。

プログラミングの勉強とは?

ウェブプログラミングで最初に学ぶべきものはHTMLだと言えます。HTMLはページの構成やテキストや図を指定するために使用します。HTMLの書籍を準備して、それにそって動作させていくと理解が深まります。文法は容易で、理解するのは難しくありません。さらに、色や大きさといった見た目を指定するのがCSSです。HTMLとCSSは密接に関わると言え、書籍でもセットで扱われていることが多いです。セットで勉強した方が効率的であると言えるでしょう。

動きのあるウェブサイトを作るには?

HTMLとCSSでもデザインや構成によっては、かなり見栄えの良いものができます。しかし、最近のウェブサイトでよくある動きのあるものは実現できません。そんな時はJavaScriptを使用することになります。ウェブプログラミングでは最も使用される言語であると言っても過言ではありません。ただし、HTMLやCSSと比較すると、やや難易度は高くなります。ここでも、動作させながら勉強を進めることで理解が深まります。

コーディングとは、コンピューターに指示や命令を出すコードを書くことです。Web制作には欠かせない工程のひとつで、検索エンジン表示の変動に影響します。企業の集客や収益に直結する重要な作業なのです。